業界発成果報酬型ローン借り換えサービス。総支払額がおさえられるかは無料で相談!! 9月30日までの期間限定!借り換えが成功したお客様にJCBギフトカード2万円分をプレゼント!! ※9月30までにフォームまたは電話にてお問い合わせいただいたお客様が対象となります。
無料相談のお問い合わせはこちら
◆サーバーメンテナンスのお知らせ◆
本サイトは2019年11月27日(水)にサーバーのメンテナンスを実施します。
それに伴い、下記の通りウェブサイトの閲覧および全サービスを一時休止いたします。
お客様にはご不便をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
◆ウェブサイトの閲覧およびサービスの休止日時◆
2019年11月27日(水)00:00 ~ 2019年11月27日(水)06:00(1時間程度)
※作業の状況により終了時間が前後することがございますのでご了承下さい。

こんな方は総返済額が安くなる可能性があります!

1つでも当てはまる方はぜひお気軽にご連絡ください!ローン残高が1,000万円以上、ローン期間が10年以上、現在の金利が1%以上、フラット35で契約した方、自分でローン残高がわからない方。まずはプロの住宅ローン診断士に無料相談してみましょう!


プロにお任せするとこんなに違いがあります!

自分で借り換えする場合:情報収集→比較検討→仮審査申込→本審査申込※調査不足だと審査落ちで最初からやり直しとなる場合があります →各種手続き→借り換え完了! プロにおまかせする場合:相談(比較検討・条件交渉・事務手続きなどまるごとおまかせ!)→借り換え完了! 面倒な手続きまで、まるまる引き受けて借り換えをサポートします。しかも成果報酬型なので、借り換えでローン残高が安くならない場合は費用をいただきません。そのため、費用の心配をせず安心してご相談いただけます!

まずは安くなるか無料で借り換えシミュレーション!お問い合わせはこちらから

実際にはこんなご相談があります!

Q:審査に落ちてしまった

自分で借換えをしようと申し込んだところ、審査に落ちてしまいました。
思い当たる原因もないのですが、借換えは可能ですか?

A:審査が通らなかった原因を明らかにするところからお手伝いいたします!

ご自身では何が問題かわからない場合でも、プロフェッショナルの知識を活用すれば原因を推測することも可能です。
対策を打ってから銀行に申し込みを行うことで、審査を通過する確率は格段に上がります。
また、もしすぐに審査を通過することが難しい場合でも、いつ頃なら可能性があるか、 どのようなことに注意すべきかなどのアドバイスを行うこともできます!
ご連絡いただければ無料で状況の確認をさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください!

Q:住宅ローンの名義を変えようとしたら断られた

離婚に伴い名義を変えようとしたところ、契約者本人名義でないと借換えの受付ができないといわれました。
名義が変えられないと困るのですが、どうにかできないものなのでしょうか?

A:簡単ではありませんが、方法はあります!

名義の変更は、たとえ親族間であっても断られるケースが多く、 私たちプロにとっても簡単な案件ではないため、 ご自身ではまず難しいと思います。 大変な部分は、ぜひ私たちにお任せください!
対応可能な金融機関の選定や、必要書類のご案内など全面的にサポートします。
状況の確認、金融機関への打診・確認は無料でさせていただきますので、まずは一度ご連絡ください!

Q:リフォームしたいが、毎月の負担をあまり増やしたくない

リフォームローンや太陽光ローンを組みたいのですが、住宅ローンも残っていて負担はあまり増やしたくありません。
何かいい方法はないでしょうか?

A:住宅ローンを借換える時におまとめすれば可能性があります!

リフォームローンは期間も短いですし金利も高めなので、負担が増えがちですよね。
そんな時は、住宅ローンを借り換える時にリフォームローン・太陽光ローン分も組み込んで、 住宅ローンと同じ金利・期間を適用にすることにより負担を抑えることができます!
もし、総返済額・毎月の返済額両方を抑えることができない場合でも、月々の負担は安くなるという場合もあります。
可能性があるかの確認、具体的な方法についての説明は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください!

こんなに安くなる!借り換え事例

01:残高・残期間が長いAさんの場合

残高:2,670万円 残期間:31年

見直し前
総返済額:3,250万円 月の返済額:86,000円 金利:1.275%
見直し後
総返済額:3,060万円 月の返済額:82,000円 金利:0.600%
結果
総返済額:-190万円 月の返済額:-4,000 金利:-0.675
残期間が長ければ長いほど、借り換えで金利が下がった時に総返済額が安くなります!

02:残高・残期間が少なめのBさんの場合

残高:1,660万円 残期間:13年

見直し前
総返済額:2,230万円 月の返済額:100,000円 金利:3.500%
見直し後
総返済額:1,830万円 月の返済額:89,000円 金利:0.625%
結果
総返済額:-400万円 月の返済額:-11,000 金利:-2.875
残期間が短くとも、現在の住宅ローンの金利が高ければ借り換えで大幅な返済額削減ができる可能性があります!

03:リフォームローンがあるCさんの場合

住宅ローン残高:2,300万円 残期間:26年
リフォームローン残高:200万円 残期間:15年
見直し前
総返済額:2,840万円 月の返済額:91,000円 金利:1.675%
リフォームローン
総返済額:245万円 月の返済額:14,000円 金利:2.800%
見直し後
総返済額:2,830万円 月の返済額:91,000円 金利:0.625%
結果(リフォームローンをおまとめ!)
総返済額:-255万円 月の返済額:-14,000 金利:-1.05
金利が高く返済期間が短いリフォームローンを住宅ローンに一本化すると、総返済額・月々の返済額が抑えられる可能性があります!

04:太陽光ローンがあるDさんの場合

住宅ローン残高:2,300万円 残期間:26年
太陽光ローン残高:200万円 残期間:8年
見直し前
総返済額:2,660万円 月の返済額:85,000円 金利:1.150%
太陽光ローン
総返済額:222万円 月の返済額:23,000円 金利:2.600%
見直し後
総返済額:2,895万円 月の返済額:96,000円 金利:0.875%
結果(太陽光ローンをおまとめ!)
総返済額:+13万円 月の返済額:-12,000 金利:-0.275
この一本化の場合は、総返済額は減らせませんが、月々の返済額は12,000円ほど減らすことができます。 今の生活に少しでも余裕が欲しいという場合には有効な手段になります!

まずは無料シミュレーションを確認!メールでお手軽に相談。お問い合わせはこちらから

満足度の高い借り換え実績には理由があります!

理由その1:中立的な立場でご希望に合わせた金融機関を選択。私たちは「銀行の代理店」ではないので、選択肢の制限はありません。 総返済額を安くしたい、団信を充実させたい、変動金利から固定金利に変えたい、一度断られてしまったけどどうにか借り換えたいなど、 お客様の状況・ご希望に最も合致した金融機関を選定します。常に最新の状況を把握していつ私たちだからこそできる提案です! 理由その2:さらに最も安い金利を引き出す。厳選した金融機関の中でさらに良い条件を引き出す交渉も行います!複数の金融機関を比較できる弊社だからこその強みです! 理由その3:自己負担0円での借り換えも可能。借り換えには諸費用がかかるため、きちんと対策をしないと、借り換え実行時に家計へ大きな負担がでる可能性もあります。 私たちにお任せいただければ、諸費用ローンを組むことで、自己負担0円で借り換えをすることも可能です! 私たちはプロの「住宅ローン診断士」です。ご希望を叶える方法を徹底的に追求し、お客様に最大限のメリットを提供します! しかも、費用が発生するのは実際に借り換えが成功した時のみ!安くなるか知りたい、借り換えできるのか知りたい、 方法を知りたいなどのご相談は無料で対応していますので、まずはお気軽にご連絡ください!

まずはプロの住宅ローン診断士に相談してみましょう!お問い合わせはこちらから

このページの上部へ